本文へジャンプ
fishing gear
~拘りと妥協の間~


rod

reel

gear

handmade
 店で手にとる最新機種はどれも素晴らしい。新素材の圧倒的な性能、軽さ、所有感・・・・それは十分承知しているが、常に新しい物と自分の使いたい物とは必ずしも一致しているとは限らない。
 出来るだけ長く愛用できる、飽きがこない道具と一緒に渓流を歩きたいと思う。そんな道具が自分の手から生み出された物なら、多少の仕上げの甘さや不具合も目をつぶれるだけの相棒になれるかもしれない。

 
inserted by FC2 system